町の不動産屋で賃貸を探すことの魅力と注意点

町の不動産屋は地元に詳しいのが強み

大手ではなく町の不動産屋であえて賃貸物件探しをするメリットは、地域密着型でその地域に詳しいことが挙げられます。大手の不動産屋は規模が広い分転勤もあり、営業がその地域に関してそれほど詳しくないこともよくあります。それに対して町の不動産屋だと規模が小さい分転勤が無いので、よほどの新人でない限り営業が地元をよく理解しており、暮らしやすい物件を提案してくれるでしょう。

特に長年地元で営業している不動産屋だと、地元の人間関係や土地の雰囲気など、地元の事情をよく理解しているケースも多いです。やはり、地元の人間関係などは実際に住んでみないとわかりません。そこで町の不動産屋なら、人間関係なども把握しており、人間関係などのトラブルも避けられます。

町の不動産屋は規模の小ささがネック

町の不動産屋は規模の小ささがネックです。規模が小さいので、大手と比べて取り扱っている不動産の数が少なく、良い物件が見つからないかもしれません。また、不動産屋の経営者の意向がそのまま物件に反映されていることが多いです。そのため、不動産屋によって取り扱っている物件の雰囲気も変わります。したがって、複数の不動産屋を回らないと気にいる物件が見つからないかもしれません。 加えて、町の不動産屋は大手と比べて家賃や敷金・礼金が安めに設定されていることも多いです。その分支払いの面で融通も利きにくく、家賃のクレジットカード払いにも対応していないケースが大半です。原則現金主義なので、引っ越しの際に資金に余裕を持っておく必要があるでしょう。