良い賃貸物件に出会うには?インターネットでの探し方

優先順位をよく考えて検索しましょう

新たに賃貸物件を契約する際には一昔前までは不動産屋を何件も訪問するのが普通でしたが、それだとその不動産屋で扱っている物件のみしか検討することができないため、選択肢が限られてしまいます。インターネットが普及している現在ではネットから多くの賃貸物件の情報を得ることができるので、時間と労力を節約するという意味も含めて、まずは希望の条件をネットで検索すると良いでしょう。その際には条件の優先順位をよく整理しておく必要があります。良い物件といっても人それぞれ条件が違うため、場所や賃料や間取りなど、自分にとって大事な条件や妥協できる範囲をはっきりさせておくと、理想の物件に巡り合える可能性もそれだけ高くなります。

ネットの情報をもとに不動産会社から新たな情報を仕入れましょう

ネットで理想の賃貸物件が見つかったあとは実際に部屋を見学する内見の問い合わせをすることになりますが、その時にも不動産会社に同じような条件の物件の提案をお願いすると新たな情報が得られます。駅から徒歩10分以内という条件を15分にすることで広い間取りの部屋が見つかったり、家賃が少し高くなるだけでセキュリティが充実した物件が見つかることもあります。また、検索時には空いていなかった物件を紹介してもらえることもあります。内見の問い合わせをしなくても、ネットで検索した情報を不動産会社に持参し、ここよりもお勧めの物件はないかと尋ねてみても良いでしょう。妥協できる条件を妥協することで、より理想に近い物件を紹介してもらえることもあるのです。